スモン情報第9号 平成23年6月7日発行
+{掲載日6月7日} スモン情報(9号)のPDF版はこちらをクリック

スモン情報第8号 平成23年5月3日発行
+{掲載日5月6日} スモン情報(8号)のPDF版はこちらをクリック

スモン情報第7号 平成22年12月3日発行
+{掲載日12月3日} スモン情報(7号)のPDF版はこちらをクリック

2010年4月15日、毎日新聞「被害者が新組織」

4月2日の集合場所

+{掲載日4月15日} 毎日新聞朝刊(「被害者が新組織」)のPDF版はこちらをクリック

スモン情報第5号(花見の行事)平成22年3月16日発行
日時:4月2日午前11時30分~12時30分(詳しくは、スモン情報第5号を参照)

+{掲載日3月21日} スモン情報(「5号A」)のPDF版はこちらをクリック

奈良県スモン病患者を支援する会(会長)

スモン情報第4号 平成22年2月27日発行

スモン情報第4号
スモン情報第4号

+{掲載日3月9日} スモン情報(「4号A」)のPDF版はこちらをクリック

+{掲載日3月9日} スモン情報(「4号B」)のPDF版はこちらをクリック

元会長が横領の新聞記事
元会長横領
元会長の横領記事
+{掲載日9月3日} 2009年1月12日、奈良新聞朝刊記事(「スモン元会長横領:会の金は0」)のPDF版はこちらをクリック

元奈良県スモンの会会長(矢川氏が約7500万円を横領)。スモン患者の相談を受け、奈良地検に 刑事告訴を引き受けました。ただ、告訴状の作成は、たいへんでした。

奈良地検に刑事告訴
+{掲載日9月4日} 2009年2月14日、奈良新聞朝刊記事(「前会長を刑事告訴」)のPDF版はこちらをクリック

時効の壁と会費の横領については、十分な資料が集まらず、その為、刑事告訴を取り下げました。

上記のような経緯と会が解散をしてしまうと、スモン患者にとては不安が増大します。告訴された方の 要望を踏まえ、奈良県スモン病患者を支援する会(会長)を引き受けました。

さっそく、顧問(弁護士・医師)・介護士などに役員になってもらい、新組織を発足させました。

新聞記事:新組織が発足(奈良県スモン病患者を支援する会)
新組織
+{掲載日9月3日} 2009年3月24日、毎日新聞朝刊記事(「スモン病患者ら新組織」)のPDF版はこちらをクリック

+{掲載日9月4日} 2009年2月14日、奈良新聞朝刊記事(「前会長を刑事告訴」)のPDF版はこちらをクリック

スモン情報の紹介

スモン情報 第3号  平成21年10月17日発行 奈良県スモン病患者を支援する会

+{掲載日10月14日} スモン情報(「3号A」)のPDF版はこちらをクリック

+{掲載日10月14日} スモン情報(「3号B」)のPDF版はこちらをクリック

スモン情報 第2号  平成21年7月27日発行 奈良県スモン病患者を支援する会

副会長 畠中 理文

①阪口会長のお力添えのもとに発足して4ヶ月がたちました。我々、スモン患者・遺族にとって心強い思いであります。今後も、阪口会長さんのご指導のもとに、活動していく所存です。

②スモン患者は、高齢化が益々進行し、患者数も数少なくなりました。スモン患者が忘れかけられている中、医療・介護期間においてスモン病の患者のことを充分認識して頂くことが必要であり、その為の啓蒙活動(宣伝)が必要と考えます。

③薬害根絶、スモン患者の恒久対策にも努力していく所存です。

④スモン病(キノホルム被害者)を風化させないためにも、体の続くかぎり頑張って参ります。

会員数 スモン患者13人・遺族2人・一般会員2人・役員7人   合計24人(平成21年7月27日現在)

兵庫スモンの会が解散したことにより、奈良市学園北のNさんが7月27日に新加入されました。

活動内容

1、スモン情報第1号を発行・郵送しました。

2、会長・副会長が森クニさんの病院訪問。

森クニさんのコメント「音楽が楽しい。」「週2回の風呂が楽しみ。」「畠中さん、また訪問して欲しい。」

次の訪問の時は、スモ情報第2号と森クニさんが好きなバナナを持参する約束をして病院をあとにしました。

3、平成21年6月16日  奈良県難病係を訪問。

会長阪口保・副会長畠中理文が係長遠藤多紀子・主査田中亮司と約30分面談しました。(係長は、新しく赴任)

①目的:スモン患者の現状を知ってもらうこと。

②要望した事項。

*特定疾患「スモン」医療受給者証交付申請書及び診断書を病院がおいていないケースがある。そこで、本人が病院に持参する方策も必要ではないか。(医療受給者証交付申請書及び診断書をスモン患者に郵送してもらえないか。)

*鍼灸医院の一覧表があるのか聞いてみました。

*スモン患者の治療費について、特定疾患治療研究事業として補助率10/10により全額公費負担の適用の確認など。
面談の感想
奈良県スモン病患者を支援する会の現状・要望等を聞いて頂き、また、要望について検討すると言う回答も得ました。 Ω
奈良県スモン病患者を支援する会としては、今回の面談について有意義であったと思っています。面談のために、県職員の方には貴重な時間をさいて頂きまことに感謝しております。

会計報告 会費は無料。  5月19日 1万円のカンパがありました。

 収入:1万円

 支出:郵送代(切手)5000円 残額5000円 7月27日現在 

連絡事項  現在の特定疾患医療受給者証が平成21年9月30日で承認期間が終了します。

 お住まいの地域を管轄する保健所へ申請されましたでしょうか。まだ終了さていない方は、いそいでください。

(文書は、すでに保健所より文書送付されています。)

今後・・全ての会員について、訪問していく計画をたてています。