見張り番・生駒



発足から見張り番・生駒代表幹事を務める。

見張り番・生駒の名称の由来
阪口は、大阪の見張り番「松浦米子氏」の会員。 複数の市民で、生駒市で見張り番・生駒「オンブズマン組織」を立ち上げた。
見張り番「松浦米子氏」の許可を頂き、見張り番・生駒とした。
2011年見張り番総会に参加。

奈良県市民オンブズマンとの関係
2008年〜2010年まで、奈良県市民オンブズマンに見張り番・生駒として組織加入。
その間、2年半程、奈良県市民オンブズマン「14の組織が加盟」の代表幹事を務めた。

2010年の夏に、奈良県市民オンブズマン幹事の辞任と見張り番・生駒も組織から脱退した。

主な活動

1,住民監査請求4件

資源ごみ売却額返還記者会見
資源ごみ売却額返還の記者会見 *{掲載日9月3日} 2007年1月12日、讀賣新聞朝刊記事資源ごみ売却額返還を」)のPDF版はこちらをクリック



生駒市議に政務調査費返還を求める
生駒市議に政務調査費


公共事業地測量随意契約是正を
公共事業地測量随意契約是正を
生駒市監査委員が改善勧告(阪口保の請求が認められる。)
監査結果を
今後も裁判で争うことになった。 塩漬け土地問題の全国的な流れ(方向性)
@塩漬け土地を処分する方向。
A札幌市 土地開発公社を廃止の方向
B横浜市 保有土地の時価評価
C川崎市 金利の入札を実施
全国的な流れから行くと、土地開発公社の塩漬け土地を市が再取得せず、売却するのは当然である。
さらに、生駒市の土地開発公社は、保有土地の時価評価をしていない。東コミュニティセンターの土地については、無利子貸し付け にしており、会計処理がおかしい。
+{掲載日4月11日} 2010年3月31日、(「取得差し止め訴訟の請求棄却」)のPDF版はこちらをクリック

北コミュニティセンターを調査したことがある。
@設計業務は指名競争入札 約7700万円・・高い
A建設工事 約37億円 落札率は97.4%
   落札率は97.4%は、談合の疑いがある数値である。
北コミュニティセンターの建設については、異常に高いという情報提供がある。
のちに、淺沼組は談合で問題になった。
改札録
北コミュニティセンター
+{掲載日11月13日} 2009年11月13日、北コミュニティセンター改札録の PDF版はこちらをクリック



その他
1,機関紙の発行・配布(戸別配布・駅頭での配布)

2,学習会の開催

@平成18年7月開催  テーマ「生駒市政において、税金の無駄遣いはないか!」
    図書会館3階 大会議室  参加者124名


      A平成20年裁判の報告会 7月13日

        テーマ  *奈良県県会議員の政務調査費について・・・阪口 保

             *東コミュニティセンターの裁判について・・児玉弁護士

               図書会館大会議室  参加者80名

      3,今までの取り組み

      @介護施設での補助金の不適切な使用について、生駒市健康福祉課・市長に是正の申し入れ。―改善さ れた。

      A平成19年不燃物ゴミ収集について、委託料の見直しについて監査請求―生駒市は随意契約適正化検 討委員会を設置し、委託料を改善。

      B東コミュニティセンター施設用地を生駒市土地開発公社が9億で購入。疑惑のある購入のため、差し 止めの裁判で係争中。裁判所の不動産嘱託鑑定では、約1億4000万円高く購入したことが判明。

      裁判所による嘱託鑑定のようす

      嘱託鑑定のようす


      C生駒市市会議員の政務調査費について、住民監査請求。(宿泊について実費支給を求める)

      D市長との面談、関係部署に質問。

      4,今後
       生駒市の行政委員の月額報酬:開示請求をし、住民監査請求の検討。




      「表紙」ページに戻る